バッタを倒しにアフリカへ

 やっぱり「現場」で働く人はかっこいいね。

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

 

バッタへの愛情を感じる1冊

この本のタイトル。表紙写真。まったく本の内容が想像できない。怖いものみたさで読んだら面白かった。一気に読んでしまった。

簡単にいけば昆虫学者によるアフリカ現地レポートなのだが、バッタ愛はにじみ出るものの大半はバッタ研究の”過程”の話である。

単身アフリカの地でバッタ研究を行うのだが、研究の話より食事、生活、文化、まわりの人々の身の上話にけっこうなページが割かれている。その地の人にとってみればなんてことはない普通の話なのだが、私たちからすればどれも新鮮でワクワクするような体験だ。

 

もちろん話の軸は現地でのバッタ研究の目的や成果となるだが、話は脱線することが多く「現地のグルメレポート」「結婚観」「文化」など余談的な話が非常におもしろい。

 

好きなことに集中できるという幸せ

サラリーマンをしていると子供の時の夢なんていうのは、とおの昔に諦めてしまっているのだが、著者の子供からの夢をずっと追いかけるその姿は非常にかっこいい。うらやましい。

プロ野球選手の卒業アルバムの夢が「野球選手」だったみたいな感覚。

 

もちろん夢を追いかけ続けるためには、お金の問題(研究費)が非常に大きい。その困難は本を読んでもらえばわかるのだが、人の縁で崖っぷち状態から毎回助けられる。そのストーリーは爽快でちょっと笑える。(本人は全く笑えない状態であることは容易に想像できるだが。)

 

深刻な状況下においてもなんらか回避できるスキルと、事態をあまり深刻化させない著者のポジティブさと軽快な文章は素晴らしい。ちょっと文書が軽すぎるところがあるのも悲観的ストーリーにならないための著者の思いかな。

夢をあきらめたサラリーマンへ

子供が読むと夢を追いかけるのは大変だな。と思ってしまうかもしれない。逆に大人であればこの大変さは羨ましいなと感じる人が大半だろう。

 

実はこのサクセスストーリーは、著者のバッタにかける情熱に賛同した人々が大きな力になっている。

 

自分がやりたいことがあった場合、どれほどの人が賛同して協力してくれるだろうか。そのヒントがこの本にあるのではないだろうか。

ユー・ガット・メール

とある朝の事務所。

 

出勤すると一斉にメールチェックがはじまる。

そもそも昨日の今日でよくこんなメールが溜まるもんだなと感心。みんなが必至にメールを振り分けているのを横目に缶コーヒーを買いに自販機へ。

 

ちょっと離れた位置からみんなのパソコンをみてるとやっぱりほとんどの人がメールチェックしてて、そして必死に返信。

 

メールというやつはホントに便利なやつで簡単に宛先を追加できちゃったりするからたちが悪い。大抵の人は、CCに5人くらい追加してるんじゃないか。

 

計算してみる。 

 

太郎さんが花子さんにメール送信。その際CCにメンバー5名追加。

生真面目な花子さん。受信後すぐに太郎さんに返信。その際自分のチームのメンバー3名をCCに追加。

太郎さん。自分の送ったメールの返信がすぐに返ってきたもんだから「迅速な対応ありがとう」メールを全員に返信。

 

まぁよくある光景だが、当事者の太郎・花子さん。そしてCC8名。

太郎さん(送信2通・受信1通)太郎さんのCCメンバー(受信3通×5名)

花子さん(送信1通・受信1通)花子さんのCCメンバー(受信2通×3名)

送受信合わせると合計に26通。

 

もちろんチームメンバーも同様なことをしていたら・・・天文学的数値にならないかい?こりゃ。

 

少し単純に考えたら26通を上記宛先CCの合計10名で割ると一人あたり約3通。

3通の閲覧時間を人件費換算で50円だとすると、、

 

結論

メールの宛先・CCなど送信する人数一人につき50円の人件費コストがかかる*1

 

なんでも共有共有でCCに追加しちゃう人。メールをたくさん送信して仕事ができると思ってる人。実はすごい会社に損害与えてるかもしれませんよ。

 

 CCメンバーにとっては、逐一太郎と花子のやり取りを確認する必要はなく一番最後のメールをサラッと1通目を通すのが一番効率がいい。メールチェックは、遅らせれば遅らせるほど短時間でチェックできるわけだ。

 

ということは、今自販機の前でぼーっと缶コーヒーを飲んでる私が一番勝ち組。朝からワンダのCMのように張り切っていきましょう(メールチェックを)。いやいや張り切らないほうがよさそうだ。

 

そんなことを朝から考えてる毎日でした。

仕事しろよって怒られそう。。。

 

退社時刻に近づくと。。。

「そろそろ帰りますか?」「ちょっと待って1通メール送っちゃうから」こんなやりとりよく聞くけど、

 

そこで頑張ってメール送る。。。翌朝のメールチェックが始まる。

 

ループですな。

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

*1:ざっくり計算なんで細かいツッコミはなしで笑

久しぶりの投稿

1年ぶりの投稿です。

 

完全な3回坊主でした。

まぁだれにも迷惑かけてないしいいでしょ。

どうせ一日数ビューしかないブログなんで(たぶんその数ビューもクローラーなんじゃないかな)。

 

ブログを書く上での3つのしないを決めました。

  1. 誤字脱字 気にしない
  2. 投稿に30分以上の時間をかけない
  3. 投稿文の見直しをしない。

ブログって続けることが一番難しい。そしてたまに書くとついつい力が入っちゃって疲れてしまう。そして、次に投稿しようとしたときに疲労を思い出し後回しにする。そしてそのまま月日がながれる。

 

書きなぐってポンって投稿ぐらいがちょうどいい。

どうせ一番の読者は検索サイトのクローラーさんなんだから。

 

なぜブログを書くのか

一応「サラリーマンのつぶやきネタ」を基本に書いていきたいと思ってます。日々思っていること、愚痴、ポジティブな事例、サラリーマンの不思議などなど。

 

そして最終的な目標は、

サラリーマンを辞めること

 

もちろんそのためには、ちゃんと辞めても食っていけるだけの収入を確保する必要があるのでサラリーマンやってる以上に大変だと思いますが、、、頑張ります。

 

無事に退社の日が訪れたらこのブログで報告したいですね。

 

それではまた。

 

 

なぜなぜ分析はなぜ失敗したのか?

f:id:ok-alexa:20170203001726j:plain

なぜなぜ分析とは?

なぜなぜ分析(なぜなぜぶんせき)とは、ある問題とその問題に対する対策に関して、その問題を引き起こした要因(『なぜ』)を提示し、さらにその要因を引き起こした要因(『なぜ』)を提示することを繰り返すことにより、その問題への対策の効果を検証する手段である。トヨタ生産方式を構成する代表的な手段の一つである。 

 問題が起こった時に要因を調べる強力なツールとしてなぜなぜ分析は有名です。起こった問題に対してなぜなぜを繰り返すだけなのでやり方は非常に簡単です。

本やネットなどで実例でよく紹介されてますがこれがやってみると非常に難しい。

 

責任はすべて私たちにあります

御多忙に漏れずうちの会社でもプロジェクトで問題発生した場合はなぜなぜ分析を行っていましたが、

どの答えも最終的に自分の責任となり、私(たち)がもっと努力すべきでした。勉強不足でした。狭い視野で行動してました。

という結果にしかなりません。

いやいやどう考えてもそこじゃないでしょ。仕組み自体に問題があるんじゃないのという事例でさえ同様の結果になってしまって毎回の反省会ムードにこの分析手法に疑問をもってしまいました。

 

なぜ失敗したのか?

・当事者になぜなぜ分析をさせた。

 男の子がいたずらをしてママに怒られてたとします。「なぜこんなことしたの?」と問い詰めればはじめは言い訳するも「なんでなの」が続くとごめんなさい。ボクが悪かったのと謝ります。しかし第三者のパパはちゃんと理由を知ってることが多いはずです。

「なぜ」という言葉は、威圧的です。なんとなく自分に責任があるような問いかけに聞こえてしまいます。ましてや上司がその場にいたらその傾向はますます強まります。

また、下手な要因を設定すると会社批判と捉えられ責任感のないやつとレッテルを貼られかねません。本音がいいたくても言えない状況なのでNGワードが多すぎて本質にせまることができません。

 

・改善がめんどくさい

 要因がみつかれば次はその改善というアクションに移ります。なぜなぜ分析をしている人は気づきます。その要因を解決するのはかなり面倒だぞ。と。

それであれば自分のせいにしてしまったほうが後々楽じゃないかという妥協が働くわけですね。

 

MECEなどのルールが答えを難しくする

 MECEとは、”もれなくダブりがない” という意味です。

なぜなぜ分析の意見は、MECEを意識して展開していかなくてはなりません。

意見は数字のように白黒つかないことも多いのでMECEのルールを守ることは簡単ではありません。なぜなぜ分析手法としては簡単ですが、そういったルールを厳守することで当たり障りのない似た意見に偏ってしまいます。

 

ネガティブな問題に関しては要注意

利用するのであれば誰の遠慮もいらない一人でやるか、気の知れたメンバーでやるべきだと思います。

それか当事者含めいろいろな意見をヒヤリングした第三者が分析を行う方が変な意思が入らずストレートに要因に迫ることができます。

またなぜ「猿も木から落ちるのか」のような研究テーマであれば誰にも気を遣うことはないのでなぜなぜ分析は強力なツールになるはずです。

 

簡単なようで簡単でないなぜなぜ分析でした。

 

ミドリムシにかける熱い情熱「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。」

 

 ベンチャー立ち上げの教科書

出雲さん(現代表取締役社長)の小学生時代から現在に至るまでの波乱万丈な記録。
ミドリムシユーグレナ)への熱い思いが伝わる1冊。


起業に興味がある人は是非読んで欲しい内容となってます。物語としても十分おもしろく下町ロケット的に楽しめます。

 

出雲さん ちょっと変わってる。。。

数年前からちょくちょくテレビなどのメディアへ露出して何気にユーグレナという会社は気になってました。なにしろミドリムシが食料になったり、燃料になるという話で、ちょうどそのころ東日本大震災原発事故でエネルギー問題が騒がれていたころだと記憶してます。

これから核燃料に変わる燃料ビジネスの株は上がるかなというような若干不純な動機もあったのも事実なわけで。たまたまテレビ(確かカンブリア宮殿だったかと。)でみた出雲さんに衝撃を受けました。
なにしろミドリムシに対する思いが熱いのである。パッションって言う言葉が適当なのかはよくわからないけど、明らかに普通の社長とは明らかに違う情熱があったのを覚えています。


エリートとは違う苦労人

東大出身で一度銀行マンもされてたという生い立ちから潤沢な資金でベンチャー起業を立ち上げたのかと思いきや移動は高速バス、資金難で自分の身銭を切り、社員に給料を払えずなど大変な苦労を経て今に至るわけです。

少しうまく行ったら急転直下、また少しうまく行ったら・・・という繰り返しで。しかしながら毎回崖っぷちで救われるストーリーは感動を覚えます。ちょっと目が潤んでしまった。やっぱり真面目にやってると神様が手を差し伸べてくれるんだな。というような救われてた気分になります。

なにしろこの変人さん(失礼)についてくる仲間も素晴らしい。損得ではない情熱で動くというのはほんとすごいなと。平凡なサラリーマンにとっては羨ましい話でした。

起業を目指そうと思う人・ためらう人それぞれ考えは違うと思うけど、なにかに打ち込んでみたくなるような気持ちにさせるおすすめの一冊です。

 

サラリーマンのつぶやきブログ

はじめました。