ユー・ガット・メール

とある朝の事務所。

 

出勤すると一斉にメールチェックがはじまる。

そもそも昨日の今日でよくこんなメールが溜まるもんだなと感心。みんなが必至にメールを振り分けているのを横目に缶コーヒーを買いに自販機へ。

 

ちょっと離れた位置からみんなのパソコンをみてるとやっぱりほとんどの人がメールチェックしてて、そして必死に返信。

 

メールというやつはホントに便利なやつで簡単に宛先を追加できちゃったりするからたちが悪い。大抵の人は、CCに5人くらい追加してるんじゃないか。

 

計算してみる。 

 

太郎さんが花子さんにメール送信。その際CCにメンバー5名追加。

生真面目な花子さん。受信後すぐに太郎さんに返信。その際自分のチームのメンバー3名をCCに追加。

太郎さん。自分の送ったメールの返信がすぐに返ってきたもんだから「迅速な対応ありがとう」メールを全員に返信。

 

まぁよくある光景だが、当事者の太郎・花子さん。そしてCC8名。

太郎さん(送信2通・受信1通)太郎さんのCCメンバー(受信3通×5名)

花子さん(送信1通・受信1通)花子さんのCCメンバー(受信2通×3名)

送受信合わせると合計に26通。

 

もちろんチームメンバーも同様なことをしていたら・・・天文学的数値にならないかい?こりゃ。

 

少し単純に考えたら26通を上記宛先CCの合計10名で割ると一人あたり約3通。

3通の閲覧時間を人件費換算で50円だとすると、、

 

結論

メールの宛先・CCなど送信する人数一人につき50円の人件費コストがかかる*1

 

なんでも共有共有でCCに追加しちゃう人。メールをたくさん送信して仕事ができると思ってる人。実はすごい会社に損害与えてるかもしれませんよ。

 

 CCメンバーにとっては、逐一太郎と花子のやり取りを確認する必要はなく一番最後のメールをサラッと1通目を通すのが一番効率がいい。メールチェックは、遅らせれば遅らせるほど短時間でチェックできるわけだ。

 

ということは、今自販機の前でぼーっと缶コーヒーを飲んでる私が一番勝ち組。朝からワンダのCMのように張り切っていきましょう(メールチェックを)。いやいや張り切らないほうがよさそうだ。

 

そんなことを朝から考えてる毎日でした。

仕事しろよって怒られそう。。。

 

退社時刻に近づくと。。。

「そろそろ帰りますか?」「ちょっと待って1通メール送っちゃうから」こんなやりとりよく聞くけど、

 

そこで頑張ってメール送る。。。翌朝のメールチェックが始まる。

 

ループですな。

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

*1:ざっくり計算なんで細かいツッコミはなしで笑